メンテナンス情報
  • 2019/01/02(水)にメンテナンスを実施します。
    7:00~24:00の間、当サイトへ繋がらない場合がございます。

Q&A  締結具

お客様から寄せられました「よくある質問」をQ&A形式で掲載しています。質問をクリックして回答へお進みください。

ご検討段階

設計編

Q1 既にキー溝加工されている軸に、パワーロックは使えますか?
Q2 パワーロックは曲げモーメントを受けることができますか?
Q3 軸長が短く、パワーロックが軸端より少し出ますが使えますか?
Q4 パワーロックと接触する部分の軸、ボスの表面粗さ許容限界値はいくらですか?
Q5 中空軸にパワーロックを使用しようと考えていますが、問題がありますか?
Q6 カタログにボス径一覧表が掲載されていますが、注意書きのところで「安全率を含んでいません」とあります。
安全率はどの程度とれば良いですか?
Q7 センタリング機能のないパワーロックのシリーズを、ガイド部の無いボスに使用するとセンタリング精度はどのようになりますか?
Q8 パワーロック1個ではトルクが不足するので複数個並べて使用したいが、その場合の伝達トルクはどうなりますか?
Q9 プレス機械や建設機械などのように、大きな衝撃荷重が作用するアプリケーションにパワーロックは使用可能ですか?
Q10 パワーロックのカタログで「パワーロックは原則として曲げモーメントを受けることはできません」とありますが、実際にモーメントが作用した場合どのような現象が起きるのでしょうか?
Q11 パワーロックKEシリーズを使用する予定です。センタリング機能があるため、ボス穴はストレートで良いとありますが、ボス径一覧表にガイド部を有するボスの表示があります。ガイド部を設置した方が良い場合があるのでしょうか?
Q12 KEシリーズの使用を検討していますが、ボス外径寸法が足りません。何かいい方法はありますか?トルク的には余裕があります。
Q13 潤滑が不要であるAS-SSシリーズの取説では『オイルおよびグリースを塗ると伝達トルクが落ちます』と記載されています。潤滑の必要なタイプで油を塗布してもスリップの原因にならないのに、SUS仕様は油塗布によりなぜ伝達トルクが落ちるのでしょうか?
Q14 ASシリーズでボス幅Bが2ℓ以下の場合の、必要最小ボス径計算方法は?
Q15 AD-Nの選定でガイドなしの場合ですが、ボス径一覧表(2)のボス長さはLt以上必要でしょうか? L以上でも問題ないでしょうか?
Q16 パワーロックAD-Nシリーズにおいて、カタログ等でパワーロックをボスに取付けた図では、パワーロックとボスの間に、スキマがあるように見える(ボスの穴が抜けている場合以外)のですが、穴奥部とのスキマは必要でしょうか?パワーロックを奥に当てて取付けた場合、何か不具合等ありますか?
Q17 RE-SSシリーズについて質問です。止め輪ありと止め輪なしで伝達トルクに違いがありますが何故ですか?
Q18 パワーロック幅に対してボス幅が短い場合、使用可能ですか?
Q19 ELシリーズはラジアル荷重を受けられるのでしょうか?カタログの選定欄の許容面圧表にELは記載されていません。

周囲環境編

Q21 常温でパワーロックを取付けたが、その後約180℃の場所に使用することになりました。温度差が大きいのですが、伝達トルクの低下等の問題はないですか?
Q22 ステンレス仕様のパワーロックを海中で使うことはできますか?
Q23 パワーロックにレイデント処理を施したいのですが?(クリーンルームでの使用)
Q24 パワーロックをオイルバスで使用すると何か問題はありますか?

ご採用段階

設計編

Q20 TFシリーズをスペーサ無しで使用できますか?

取扱編

Q25 トルクレンチを使用せずに、パワーロックを組付けるとどうなりますか?
Q26 規定締付トルク以下でボルトを締付けると、どうなりますか?
Q27 取付けの際に、オイルまたはグリースを塗布しなければならない部分はどこですか?
Q28 組付けの際、締付ボルトにオイル・グリースの塗布が必要なシリーズを、塗布せずに乾燥状態で組付けるとどうなりますか?
Q29 締付ボルトに緩み止めの座金をいれても良いですか?
Q30 AD-Nシリーズの取扱いで、注意すべき点は何ですか?
Q31 パワーロックAD-Nシリーズを使用します。組立の方法で特に潤滑油の塗り方をご教示ください。
Q32 パワーロックTFシリーズを使用します。特長、取扱いについてご教示ください。
Q33 パワーロックEFシリーズを使用します。特長、取扱いについてご教示ください。

ご使用段階

取扱編

Q34 パワーロックの取付け・取外しは何回までできますか?
Q35 スリップしたパワーロックを再使用できますか?
Q36 パワーロックのボルトに緩みは発生しませんか?
Q37 パワーロックの締付ボルトを定期的にトルクレンチで締まっているかを確認することはしない方が良いでしょうか? することによってボルトが折れたりするでしょうか?
Q38 パワーロックAD-Nシリーズを取外す際、ネジ部にグリースを塗布するのはなぜですか?

その他

Q39 パワーロックの締付ボルトだけの購入はできますか?
Q40 パワーロック「PL035X060」を使用していますが、現在の形番が「PL035X060AS」となっています。どこか異なるところはあるのでしょうか?また、そのまま代替可能でしょうか?
Q41 パワーロック「PL045X075AD」を使用していますが、現在の形番が「PL045X075AD-N」となっています。どこか異なるところはあるのでしょうか?また、そのまま代替可能でしょうか?
回答へ
Q1 既にキー溝加工されている軸に、パワーロックは使えますか?
A1

伝達トルク、スラスト荷重がカタログ値の90%にダウンしますが、使用することは可能です。ただし、ELシリーズは本体の変形により取外せなくなるので、キー溝加工された軸には使用できません。

質問へ戻る
Q2 パワーロックは曲げモーメントを受けることができますか?
A2

パワーロックは原則として、曲げモーメントを受けることはできません。
右図のように曲げモーメントが作用する場合は、当社までご相談ください。

質問へ戻る
Q3 軸長が短く、パワーロックが軸端より少し出ますが使えますか?
A3

軸が短いため、インナリングなどに不均等な力が加わり、パワーロックが変形するので使用できません。
センタリング精度も変形により低下します。

質問へ戻る
Q4 パワーロックと接触する部分の軸、ボスの表面粗さ許容限界値はいくらですか?
A4

カタログに記載している下記の値を許容限界値とし、それよりも粗い加工は不可とします。軸、ボスの表面に面圧が発生すると、その面圧により表面の凹凸は押し潰され、軸・ボスは塑性変形すると考えられます。
その結果、表面粗さの分だけ軸外径は小さくなり、ボス内径は大きくなるため伝達トルクが低下します。経年変化により塑性変形がさらに進行する恐れがあります。

質問へ戻る
Q5 中空軸にパワーロックを使用しようと考えていますが、問題がありますか?
A5

中空軸の場合、パワーロックの締付けにより発生する軸側面圧に、中空軸の強度が耐えうるか否か、軸材質と中空軸内径を検討する必要があります。
計算式等の詳細はカタログに掲載していますので、当社ホームページよりご請求ください。または、選定計算を実施ください。

質問へ戻る

Q6 カタログにボス径一覧表が掲載されていますが、注意書きのところで「安全率を含んでいません」とあります。
安全率はどの程度とれば良いですか?
A6

規定締付トルク(MA)でボルトを締付けた時の、ボス側内径面に発生する面圧に対し耐えうる最小ボス外径寸法が、カタログ記載の一覧表になります。締付トルクにより発生する面圧は変わってきますので、一般のトルクレンチの誤差が±5%くらいと考えると、安全率は10%以上とってください。

質問へ戻る
Q7 センタリング機能のないパワーロックのシリーズを、ガイド部の無いボスに使用するとセンタリング精度はどのようになりますか?
A7

極めて大きな振れになることは確実でその数値は推測できず、使用できません。
必ずセンタリング用ガイド部をボスに設けてください。
センタリング用ガイド部長さは軸径の半分(d/2)以上取れば実用的なセンタリング精度が得られます。
なお、必要精度に応じてガイド部の公差を決定してください。

質問へ戻る
Q8 パワーロック1個ではトルクが不足するので複数個並べて使用したいが、その場合の伝達トルクはどうなりますか?
A8

伝達トルクはアップしますが、その倍率はシリーズにより異なります。
また、シリーズによっては複数並べての使用が不可のものがありますのでご注意ください。

質問へ戻る
Q9 プレス機械や建設機械などのように、大きな衝撃荷重が作用するアプリケーションにパワーロックは使用可能ですか?
A9

繰り返し衝撃荷重のかかる場合でも、安全率を十分に考慮し、ボルトの締付トルクを確実に管理すれば、十分に使用可能です。
衝撃トルクに対する安全率は5を目安とします。

質問へ戻る
Q10 パワーロックのカタログで「パワーロックは原則として曲げモーメントを受けることはできません」とありますが、実際にモーメントが作用した場合どのような現象が起きるのでしょうか?
A10

パワーロックは軸およびボスに対して、全周に渡って均一に面圧を掛けて摩擦締結を行っています。
大きな曲げモーメントが掛かることにより、パワーロックに対して軸もしくはボスが相対的に倒れを生じます。
この倒れによって面圧の均一性が崩れて、一部で面圧が高くなり、パワーロック、軸やボスが塑性変形し、使用できなくなる可能性があります。

質問へ戻る
Q11 パワーロックKEシリーズを使用する予定です。センタリング機能があるため、ボス穴はストレートで良いとありますが、ボス径一覧表にガイド部を有するボスの表示があります。ガイド部を設置した方が良い場合があるのでしょうか?
A11

ガイド部を設ける主なメリットは、以下の3点です。
①軸とガイド部のすきまに応じてボス側の振れを抑えることができる。
②ボス径を小さくすることができる。
③取付時の実作業としてガイド部が有った方が作業がしやすい(PLが挿入しやすい)。

質問へ戻る
Q12 KEシリーズの使用を検討していますが、ボス外径寸法が足りません。何かいい方法はありますか?トルク的には余裕があります。
A12

KE-LPシリーズをご検討ください。低面圧仕様でボス径を小さくすることが可能です。それでも足りない場合は、当社までご相談ください。

質問へ戻る
Q13 潤滑が不要であるAS-SSシリーズの取説では『オイルおよびグリースを塗ると伝達トルクが落ちます』と記載されています。潤滑の必要なタイプで油を塗布してもスリップの原因にならないのに、SUS仕様は油塗布によりなぜ伝達トルクが落ちるのでしょうか?
A13

標準の潤滑が必要なタイプも、SUS製の潤滑が不要なタイプもオイルを塗布することにより摩擦係数は下がります。
潤滑が必要なタイプは低い摩擦係数を前提に設計し、潤滑が不要なタイプは高い摩擦係数で設計していますので、SUS製で油を塗布するとパワーロックと軸やボスの間の摩擦係数が下がりトルクが低下します。

質問へ戻る
Q14 ASシリーズでボス幅Bが2ℓ以下の場合の、必要最小ボス径計算方法は?
A14

ボス幅Bがℓ<B<2ℓの場合はボス形状係数K3=1.0として計算してください。
ただし、ガイド部は必ず設けるようにしてください。

質問へ戻る
Q15 AD-Nの選定でガイドなしの場合ですが、ボス径一覧表(2)のボス長さはLt以上必要でしょうか? L以上でも問題ないでしょうか?
A15

L以上としても機能上は問題ありません。ただし、ボルト頭はボスから飛び出します。

質問へ戻る
Q16 パワーロックAD-Nシリーズにおいて、カタログ等でパワーロックをボスに取付けた図では、パワーロックとボスの間に、スキマがあるように見える(ボスの穴が抜けている場合以外)のですが、穴奥部とのスキマは必要でしょうか?パワーロックを奥に当てて取付けた場合、何か不具合等ありますか?
A16

仮組状態でパワーロックをボスの奥に当てることは問題ありません。取付時、ボルトを締付けていくとテーパリングが移動し、穴奥部にはすきまができてきます。
ただし、締付けながらパワーロックを押して奥に移動させることは避けてください。取外すときにテーパリングが移動できなくなり、外れなくなります。

質問へ戻る
Q17 RE-SSシリーズについて質問です。止め輪ありと止め輪なしで伝達トルクに違いがありますが何故ですか?
A17

止め輪はパワーロックの鍔の代わりになっており、止め輪があることによって、締結時のボスの移動を抑える働きがあります。
ボス移動を抑えることによって、ボルトの発生軸力の一部がアウタリングとボスとの摺動面で摩擦損失として失われてしまうため、止め輪の付いた方が、止め輪の付いていないものよりもトルクが低下することになります。

質問へ戻る
Q18 パワーロック幅に対してボス幅が短い場合、使用可能ですか?
A18

MLシリーズなら使用可能です。ただし、ボス側発生面圧が大きくなりますので、次式によりボス側面圧P’kを算出し、ボス材質強度と必要ボス外径を満足しているか確認が必要です。

質問へ戻る
Q19 ELシリーズはラジアル荷重を受けられるのでしょうか?カタログの選定欄の許容面圧表にELは記載されていません。
A19

許容面圧表のPrad/Pが10%以下であれば使用可能です。軸側面圧、ボス側面圧は客先の仕様(ボルトサイズ、本数、締付トルク等)によって異なります。

質問へ戻る
Q20 TFシリーズをスペーサ無しで使用できますか?
A20

以下の理由により、スペーサ無しでの使用はできません。
①インナリングが変形する。
②締付ボルトがボスに干渉する。
③ボスの取付位置が定まらない。
④組付時にボスが移動する。

質問へ戻る
Q21 常温でパワーロックを取付けたが、その後約180℃の場所に使用することになりました。温度差が大きいのですが、伝達トルクの低下等の問題はないですか?
A21

軸およびボスの材質がパワーロックと同等の鋼種であれば、軸・パワーロック・ボスが一体となって膨張するため問題はありません。
材質がステンレスやアルミのように異なる場合には、別途検討が必要になりますので当社までお問合せください。
なお、使用可能な周囲温度は-30℃~200℃の範囲となります。

質問へ戻る
Q22 ステンレス仕様のパワーロックを海中で使うことはできますか?
A22

少々の錆が発生しても問題なければ使用可能です。水中で使用する場合でも、取付接触面は高面圧のため水の浸入はほとんどなく性能の低下はありません。
ただし、錆が発生してはいけない場合は、使用できません。

質問へ戻る

Q23 パワーロックにレイデント処理を施したいのですが?(クリーンルームでの使用)
A23

レイデント処理は剥離によりテーパ面が荒れ、伝達トルクが低下します。無電解ニッケルメッキ仕様(KE-KP,AS-KP,AD-N-KP,TF-KP)、ステンレス仕様(KE-SS,AS-SS,RE-SS)でのご検討をお願いします。
なお、お客様による製品への追加工、処理を施された場合は保証の対象外です。

質問へ戻る

Q24 パワーロックをオイルバスで使用すると何か問題はありますか?
A24

PLを締付けてからオイルを入れるのであれば特に問題ありません。ただし、シリコン系やモリブデン系の減摩剤を含有した、また極圧添加剤を含有したオイルやグリースの場合、再使用は避けてください。
これらを含んだオイル・グリースを再使用しますと、摩擦係数が極端に下がって締付ボルトが破損する原因になります。

質問へ戻る

Q25 トルクレンチを使用せずに、パワーロックを組付けるとどうなりますか?
A25

カタログ記載の伝達トルク、スラスト荷重は、規定の締付トルクによって正しく組付けられた場合の値です。
トルクレンチを使用せずに締付けますと、規定の軸力が得られずパワーロックがスリップする原因になったり、過大な締付けによりボルトの損傷やパワーロック本体が変形したりする危険がありますので、必ずトルクレンチを用い、規定の締付トルクで組付けしてください。

質問へ戻る

Q26 規定締付トルク以下でボルトを締付けると、どうなりますか?
A26

ボルトの締付トルクとパワーロックの伝達トルクは比例関係にあります。したがって、締付トルクを低下させると伝達トルクもそれにつれて低下することになりますが、締付トルクを低下させて使用することはボルト緩みの原因となりますので推奨できません。

質問へ戻る

Q27 取付けの際に、オイルまたはグリースを塗布しなければならない部分はどこですか?
A27

軸・ボスの接触面、テーパリング、インナ・アウタリング等の部品相互接触面および締付ボルトの座面およびネジ面に塗布する必要があります。
テーパ面に油を塗布することでスリップの原因になるのではと誤解されるケースがありますが、組付け時のテーパ面のスムーズな移動には、潤滑効果が重要なのです。
ただし、オイル、グリースはモリブデン系の減摩剤が含まれるものは使用しないでください。
また、極圧添加剤を含有するものも避けてください。これらを含んだオイル・グリースを使用しますと、摩擦係数が極端に下がって締付ボルトが破損する原因になります。

質問へ戻る

Q28 組付けの際、締付ボルトにオイル・グリースの塗布が必要なシリーズを、塗布せずに乾燥状態で組付けるとどうなりますか?
A28

塗布せずに組付けた場合、伝達トルクが20%以上低下する恐れがあります。また、振動等により締付ボルトが緩むことがあります。
カタログの伝達トルクはボルトが潤滑状態で締付けられた場合での軸力をもとに算出されています。したがって、絶対に脱脂等は行わないでください。
ただし、MLおよびSLシリーズ、ステンレス、無電解ニッケルメッキ仕様の各シリーズの締付ボルトには特殊潤滑コーティングを施していますので、組付時のオイル・グリースの塗布は不要です。

質問へ戻る

Q29 締付ボルトに緩み止めの座金をいれても良いですか?
A29

正常な取付状態でのパワーロックでは締付ボルトが緩む心配は無く、バネ座金などの反力が発生する座金を使用すると、締付力が減少し、結果軸力の低下により伝達トルクが低下するため使用できません。

質問へ戻る

Q30 AD-Nシリーズの取扱いで、注意すべき点は何ですか?
A30

AD-Nシリーズは他のシリーズと比較して、大きな伝達トルクを確保するため小さいテーパ角度を採用しています。
このため、取付・取外し時のボルトの締付けは少しずつ締付け、慎重に作業を行う必要があります。
早急なボルトの締付けはボルト、ネジ穴等の不具合発生原因となりますので、必ず均等に少しずつ締付けを行ってください。(1回の締付角度は30度を目安としてください。)
取外しの際にも必ず全ての抜きタップを使用し、取扱説明書の手順に従って作業してください。

質問へ戻る

Q31 パワーロックAD-Nシリーズを使用します。組立の方法で特に潤滑油の塗り方をご教示ください。
A31

当社HPにパワーロックAD-Nシリーズの取扱いについての動画がありますので、ご参照ください。
パワーロックAD-Nシリーズ取扱方法

質問へ戻る

Q32 パワーロックTFシリーズを使用します。特長、取扱いについてご教示ください。
A32

当社HPにパワーロックTFシリーズの特長、取扱いについての動画がありますので、ご参照ください。
パワーロックTFシリーズ取扱方法

質問へ戻る

Q33 パワーロックEFシリーズを使用します。特長、取扱いについてご教示ください。
A33

当社HPにパワーロックEFシリーズの特長、取扱いについての動画がありますので、ご参照ください。
パワーロックEFシリーズ取扱方法

質問へ戻る

Q34 パワーロックの取付け・取外しは何回までできますか?
A34

AD-Nシリーズ以外は10回程度可能です。ただし、パワーロックがスリップしていない、変形・傷などが無いことが条件となります。
AD-Nシリーズは構造上変形しやすいため、2回程度になります。再使用にあたっては、パワーロックの新品を取付ける要領でセットしてください。パワーロックの伝達トルクは変わりません。
なお、締付ボルトにコーティングを施しているものについては、状況により新品ボルトに交換してください。

質問へ戻る

Q35 スリップしたパワーロックを再使用できますか?
A35

一度完全に分解していただき、各部品に変形や傷の無いことを確認し、無いようであれば再度取扱説明書の手順に従い再組付けすることで、再使用が可能です。
AD-Nシリーズは分解できませんので、全体の外観をよくご確認ください。ただし、表面粗さの悪化等の問題がありますので、再使用回数は、1~2回までとしてください。

質問へ戻る

Q36 パワーロックのボルトに緩みは発生しませんか?
A36

規定締付トルク(MA)で正しく締付けられた締付ボルトは、その摩擦トルクが自然に緩むトルクに対して大きいため、緩む心配はありません。
さらに、①緩み止めとなる摩擦力を確保するため、常に高い締付力で使用する仕様としている。②ボルト座面と接触する部分には熱処理を施し、座面の陥没が少なくなるようにしている。以上の理由によりボルトの緩みは発生しないため、問題なくご使用いただけます。

質問へ戻る

Q37 パワーロックの締付ボルトを定期的にトルクレンチで締まっているかを確認することはしない方が良いでしょうか? することによってボルトが折れたりするでしょうか?
A37

締り具合を確認することは問題ありません。トルクレンチを用いて規定トルク値にセットして確認していただければ、錆びていない限り折れることはありません。

質問へ戻る

Q38 パワーロックAD-Nシリーズを取外す際、ネジ部にグリースを塗布するのはなぜですか?
A38

焼き付け防止や、ネジ部のかじり防止のためです。ただし、極圧添加剤やモリブデン系減摩剤を含む潤滑油は極端に摩擦係数を変化させてしまいボルト破損の原因になりますのでご使用は避けてください。

質問へ戻る

Q39 パワーロックの締付ボルトだけの購入はできますか?
A39

「パワーロックの形番用締付ボルト」と明記いただき、販売店へ必要本数の見積を依頼してください。

質問へ戻る

Q40 パワーロック「PL035X060」を使用していますが、現在の形番が「PL035X060AS」となっています。どこか異なるところはあるのでしょうか?また、そのまま代替可能でしょうか?
A40

パワーロック「PL035X060」と「PL035X060AS」は同じもので、形番のみ変更しています。ただし寸法等は変更ありませんが、一部仕様を見直し2012年3月に締付トルク(一部サイズのみ)、伝達トルク、スラスト荷重、軸側面圧、ボス側面圧等を変更しています。

質問へ戻る

Q41 パワーロック「PL045X075AD」を使用していますが、現在の形番が「PL045X075AD-N」となっています。どこか異なるところはあるのでしょうか?また、そのまま代替可能でしょうか?
A41

パワーロック「PL045X075AD」と「PL045X075AD-N」は能力、寸法共に互換性がありマイナーチェンジしています。従来のADタイプより内部機構を改良し、取外し易くなっています。よって、「AD」から「AD-N」への代替は可能です。

質問へ戻る