Q&A  減速機・変速機

お客様から寄せられました「よくある質問」をQ&A形式で掲載しています。質問をクリックして回答へお進みください。

トップランナーモータについて

Q1 トップランナー制度とは?
Q2 モータの効率クラスとは?
Q3 トップランナーモータによるコスト削減効果は?
Q4 トップランナーモータへ切り替える際の注意点は?
回答へ
Q1 トップランナー制度とは?
A1

資源高騰の影響とCO2削減の必要性を踏まえた世界的な省エネルギー意識の高まりにより、日本では経済産業省の「総合資源エネルギー調査会 省エネルギー基準部会 三相誘導電動機判断基準小委員会」にて、モータのトップランナー化に向けた所定の手続きを経て、
2013年11月1日付けで「省エネ法」の政省令・公示改正が公布・施行されました。
2015年4月以降、日本国内向けに出荷するモータのエネルギー消費効率を区分ごとに出荷台数により加重平均した数値が、
IE3の基準エネルギー消費効率(目標基準値)を達成する必要があります。

質問へ戻る
Q2 モータの効率クラスとは?
A2

単一速度三相かご形誘導電動機の効率クラス(IEコード)は、JIS C 4034-30:2011にてIE1~IE3が定められています。

質問へ戻る
Q3 トップランナーモータによるコスト削減効果は?
A3


[クリックで拡大]

質問へ戻る
Q4 トップランナーモータへ切り替える際の注意点は?
A4

(1)モータ寸法が従来モータより大きくなります。据付時の周辺機器との干渉にご注意ください。
(2)モータ定格回転速度が高くなる傾向にあります。ポンプ・ファンなどを運転される場合、速度増加に伴い動力が増加し電力消費が増加する傾向にあります。
(3)モータ始動電流が大きくなる傾向にあります。配線用遮断器・電磁開閉器などの適性を検討する必要があります。
(4)モータ発生トルクが大きくなる傾向にあります。機械強度について適性を検討する必要があります。

質問へ戻る